ドラッグストアの躍進がこのところすごいですが、ここに来て、様々な動きがあるようです。

調剤にシフトしたドラッグストアで、薬剤師等の人件費増加が利益を圧迫し、大幅な減益に陥ったり、九州を地盤とする大手ドラッグが、関東に進出し、今後は過去やっていなかった調剤の取組も視野に入れていたりと、大手ドラッグ群雄割拠の状況を呈してまいりました。

最近のドラッグストアは、郊外の広大な敷地にスーパードラッグを開設し、その半分以上を食品にシフトしているところもあるようで、スーパー、コンビニを脅かす存在ともなっているようです。

安い食品で、顧客を引き付け、そのついでに利益率の良いOTCを買ってもらうのが戦略のようですが、ドラッグ同士のバトルも、かなり激しいようです。

OTCの購入先はドラッグストアというのも定着しつつあるようで、今後セルフメディケーションが注目される中、ドラッグストアの動きに注目です。