薬剤師のシゴト

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師

2016/05/01 |

職種

妊婦・授乳婦薬物療法の専門薬剤師とは 薬物療法を行うにあたって、妊婦・授乳婦薬物療法が他の領域と大きく違っている点は、妊婦・授乳婦が、倫理的配慮から治験や臨床研究ができないため、使用する薬剤の安全性
続きを見る

HIV感染症薬物療法認定薬剤師・HIV感染症専門薬剤

2016/04/29 |

職種

HIV感染症領域における薬剤師の重要性 HIV検査を受ける人が減っていることからも推測されるように、HIVやエイズに対する社会全般の関心が低下していますが、日本ではHIV感染者は増加傾向にあります。
続きを見る

栄養サポートチーム専門療法士(NST専門療法士)

2016/04/25 |

職種

栄養サポートチーム専門療法士(NST専門療法士)について  栄養サポートチーム専門療法士(NST専門療法士)とは、日本静脈経腸栄養学会の認定制度であり、薬剤師にかぎらず、管理栄養士、看護師など様々な
続きを見る

漢方薬・生薬認定薬剤師とは 

2016/04/21 |

職種

漢方薬・生薬認定薬剤師とは 「漢方薬・生薬認定薬剤師」とは、専門業務分野においてあるレベル以上の能力と適性を持っていることを試問等により確認し、その能力を証明された薬剤師を指します。 日本薬剤師
続きを見る

救急認定薬剤師について

2016/04/17 |

職種

救急認定薬剤師について 救急認定薬剤師とは、日本臨床救急医学会によって認定された薬剤師のことです。 救急医療における薬物療法に関する高度な知識、技術、倫理観を備え、最適な治療を通して国民の健康に貢
続きを見る

公認スポーツファーマシスト

2016/04/13 |

職種

公認スポーツファーマシストとは 国際的な競技大会やプロスポーツの世界で必ずというほど耳にする「ドーピング」。しかし、同じドーピングと言っても悪質なケースばかりではありません。何気なく服用した一般用医
続きを見る

抗菌化学療法認定薬剤師

2016/04/09 |

職種

抗菌化学療法認定薬剤師とは 抗菌化学療法認定薬剤師とは、日本化学療法学会が2008年に発足させた制度で、抗菌化学療法に関して、薬剤師が抗菌薬の投与設計を医師に助言する「支援の役割」ではなく、医師と「
続きを見る

小児薬物療法認定薬剤師について

2016/04/05 |

職種

小児薬物療法認定薬剤師とは 小児科領域において医薬品に関わる専門的立場から、医療チームの一員として小児薬物療法に参画するための能力と適性を備え、患児とその家族などにも適切な助言や行動ができる薬剤師の
続きを見る

腎臓病薬物療法認定薬剤師・腎臓病薬物療法専門薬剤師

2016/04/01 |

職種

腎臓病薬物療法のエキスパート 近年、透析を受ける患者数の増加に伴い、透析への進行を防ぐために慢性腎臓病(CKD)の治療が注目されるようなり、腎臓病や透析に対する専門的な知識を持った医療者の育成が必要
続きを見る

精神科専門薬剤師・精神科薬物療法認定薬剤師について

2016/03/27 |

職種

精神科専門薬剤師・精神科薬物療法認定薬剤師の役割 精神科専門薬剤師・精神科薬物療法認定薬剤師とは、精神化学療法に関する高度な知識と技術により、精神疾患患者の治療を行う際、精神医療全体を理解した上で安
続きを見る

岩手県の医薬分業事情

2016/03/19 |

調剤薬局

※中尊寺 岩手県の医薬分業事情 岩手県の医薬分業は2015年2月の段階で78.5%と前年同月に比べると0.6%増となっています。処方箋の枚数は659,068枚。現実的な ところで一人28枚
続きを見る

山梨県の医薬分業事情

2016/03/16 |

調剤薬局

山梨県の医薬分業事情 山梨県の医薬分業は2015年2月の段階で73.7%と前年同月に比べると1.6%減になっていて、医薬分業が進まなくなっています。医薬分業率は全国平均の70.2%を上回っており
続きを見る

鹿児島の医薬分業事情

2016/03/12 |

調剤薬局

鹿児島県の医薬分業事情 鹿児島県の医薬分業は2015年2月の段階で70.4%と前年同月に比べると0.1%減になっていて、医薬分業の状況は前年同月とほぼ変わっていません。全国平均が70.2%となっ
続きを見る

青森県の医薬分業事情

2016/03/08 |

調剤薬局

青森県の医薬分業事情 青森県の医薬分業は2015年2月の段階で78.8%と前年同月に比べると0.6%増となっています。処方箋の枚数は753,010枚。現実的な ところで一人28枚/日、営業日数を
続きを見る

鳥取県の医薬分業事情

2016/03/03 |

調剤薬局

鳥取県の医薬分業事情 鳥取県の医薬分業は2015年2月の段階で68.6%と前年同月に比べると0.5%増になっています。全国平均の70.2%を下回っており、中国地方でも2番目に低い水準となっていま
続きを見る

島根県の医薬分業事情

2016/02/29 |

調剤薬局

島根県の医薬分業事情 島根県の医薬分業は2015年2月の段階で75.0%と前年同月に比べると1.8%増になっています。全国平均の70.2%を上回っており、全国でも12番目に医薬分業が進んでいる状
続きを見る

福井県の医薬分業事情

2016/02/26 |

調剤薬局

福井県の医薬分業事情 福井県の医薬分業は2015年2月の段階で47.1%と前年同月に比べると4.0%増となっています。処方箋の枚数は250,017枚。現実的な ところで一人28枚/日、営業日数を
続きを見る

がん専門薬剤師

2016/02/21 |

病院 職種

がん専門薬剤師について がん専門薬剤師とは、がん薬物療法を支える専門的な知識をもった薬剤師のことです。抗がん剤などを用いた薬物療法が高度化するなか、高い専門技能・知識をもった薬剤師の必要性は以前から
続きを見る

日本糖尿病療養指導士(CDEJ)について

2016/02/18 |

職種

糖尿病の臨床における生活指導のエキスパート 糖尿病の患者は年々増加傾向にあり、国を挙げて重点的に取り組むべき疾病の一つとなっています。糖尿病の治療には、医師のみの療養指導では限界があり、医師を中心と
続きを見る

派遣薬剤師

2016/02/15 |

コラム 調剤薬局

派遣薬剤師 みなさんは、派遣で働いた経験はありますか? 薬剤師として働く場合、大きく分けて「正社員」、「パート・アルバイト」、「派遣」という3つの働き方がありますが、「派遣」がどのような形態である
続きを見る

香川県の医薬分業事情

2016/02/12 |

調剤薬局

香川県の医薬分業事情 香川県の医薬分業は2015年2月の段階で61.9%と前年同月に比べると0.6%増になっています。四国では高知県についで2番目の水準となっていますが、全国平均が70.2%とな
続きを見る

石川県の医薬分業事情

2016/02/08 |

調剤薬局

石川県の医薬分業事業 石川県の医薬分業は2015年2月の段階で58.6 %と前年同月に比べると2.6 %増になっています。処方箋の枚数は 432,437 枚。現実的なところで一人28枚/日、
続きを見る

徳島県の医薬分業事情

2016/02/04 |

調剤薬局

徳島県の医薬分業事情 徳島県の医薬分業は2015年2月の段階で53.7%と前年同月に比べると1.5%増になっています。処方箋の枚数は325,621枚。現実的な ところで一人28枚/日、営業日
続きを見る

高知県の医薬分業事情

2016/01/29 |

調剤薬局

高知県の医薬分業事情 高知県の医薬分業は2015年の段階で66.0%と前年同月に比べると0.7%増になっています。処方箋の枚数は353,325枚。現実的なところで一人28枚/日、営業日数を2
続きを見る

山形県の医薬分業事情

2016/01/25 |

調剤薬局

山形県の医薬分業事情 山形県の医薬分業は2015年の段階で71.5%と前年同月に比べると1.4%増になっています。処方箋の枚数は592,848枚。現実的なところで一人28枚/日、営業日数を2
続きを見る

長野県の医薬分業事情

2016/01/21 |

調剤薬局

長野県の医薬分業事情 長野県の医薬分業は2015年の段階で69.5%と前年同月に比べると1.5%増になっています。処方箋の枚数は933,535枚。現実的なところで一人28枚/日、営業日数を2
続きを見る

福島県の医薬分業事情

2016/01/17 |

調剤薬局

福島県の医薬分業事情 福島県の医薬分業は2015年2月の段階で75.2%と前年同月に比べると0.1%増になっています。全国平均の70.2%を上回っており、全国で11番目に医薬分業が進んでいる
続きを見る

富山県の医薬分業事情

2016/01/13 |

調剤薬局

富山県の医薬分業事情 富山県の医薬分業は2015年2月の段階で58.2%と前年同月に比べると3.9%増となっています。処方箋の枚数は407,347枚。現実的な ところで一人28枚/日、営業日
続きを見る

栃木県の医薬分業事情

2016/01/09 |

調剤薬局

栃木県の医薬分業事情 栃木県の医薬分業は2015年2月の段階で64.0%と前年同月に比べると0.9%増になっています。処方箋の枚数は891,599枚。現実的な ところで一人28枚/日、営業日
続きを見る

秋田県の医薬分業事情

2016/01/05 |

調剤薬局

秋田県の医薬分業事情 秋田県の医薬分業は2015年2月の段階で85.6%と前年同月に比べると1%増になっています。全国平均の70.2%を大きく上回り、全国一高い分業率となっています。 処方
続きを見る