検索結果一覧表示

この検索条件を保存

東北地区ナンバーワンの人口を誇る県です。もちろん薬剤師に関しても一番在住人数が多い都市です。人気都市はやはり仙台市内。平成22年度の調査によると県内在住の薬剤師の60%が仙台市内での勤務になっております。給与や待遇面を考えて仙台市内近郊で勤務を希望する薬剤師も増えてきております。

また、大学のホームページで勤務先情報をみると調剤薬局求人よりも病院求人のほうが多いとデータがでています。ただ新卒薬剤師の方の就職については調剤薬局への就職が圧倒的に多い状況になっています。積める経験を鑑みて、病院への就職も視野に入れた転職活動をすると面白いエリアだと思います。転職先でお悩みの方は、ぜひ転職ゴリ薬(総合メディプロ)のカウンセラーまでご相談ください。

1件(1〜1件を表示)

雇用条件 正社員 / 薬局
所在地 宮城県本吉郡
給与 -
薬局業務 -
企業種別 調剤薬局チェーン

求人詳細

お気に入り求人に追加

この求人に応募

1件(1〜1件を表示)

<宮城の薬剤師数>
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師調査」によると、平成26年12月31日現在、宮城県で勤務している薬剤師は5,028人です。人口10万対薬剤師数は216.0人となっており、全国平均の226.7人をわずかに下回っています。東北地方では比較的薬剤師が多い県ですが、今後は仙台市を中心として急速に高齢化が進展することが予想されていることから、薬剤師の確保の重要性が叫ばれています。

<宮城の医療需要>
宮城労働局「一般職業紹介状況」によると、平成27年12月の医療・福祉系の新規求人数は3,291件でした。前年同月の求人数は3,463件で、増減比はマイナス5.0%です。一方、医療・福祉系の有効求人数は10,241件となっており、前年同月の9,972件よりもプラス2.7%となっています。募集自体は依然として増え続けているため、しばらくは就転職しやすい状況が続くと考えられています。

<平均給与>
厚生労働省「賃金構造基本統計調査」を見ると、平成26年における宮城県で勤務する薬剤師の平均月給(基本給、職務手当、通勤手当、家族手当など。超過労働給与額は含まない)は38万8,300円です。全国平均の34万6,500円を大きく上回っています。また、年間賞与その他特別給与額は104万7,500円となっており、こちらも全国平均の79万9,700円を大きく上回ります。高収入を目指せる求人が多いようです。

この条件の求人を紹介してもらう